インフルエンザ発症に敏感になる・横浜市で情報発信

インフルエンザの治療に画期的な成果を上げてきているのがノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれる治療薬です。発症から48時間以内に使用を開始することができれば、通常は4日から7日程度続いてしまう発熱期間を3日程度まで短くすることができるというのがその治療効果です。5日間使用を続けることによって完全寛解できるというのが一般的であり、発症したタイミングを逃さずに病院や診療所に向かうことができれば、高熱に苦しむ期間を短くしていくことが可能なのです。こういったインフルエンザ治療薬が登場したことによってインフルエンザが発症した際の症状についての理解が深められるようになってきました。風邪との区別がつかなければならないため、高熱や関節痛などの特徴的な症状を理解する人が増えてきているのが現状です。一方、インフルエンザの流行情報について注意を払う人も多くなっています。横浜市のようにオンラインで速報情報を提供する市町村や都道府県も多くなってきています。横浜のように全国各地から人が集まる都市と観光地としての両方の側面を持った地域ではインフルエンザの最新情報の提供が大きな意味を持ちます。住んでいる人や仕事にきている人にとっては予防策を考えるための情報源となり、観光に来る人にとっては感染を拡大しないために断念したり、十分な予防策をもって横浜を訪れるという判断をするための材料となるからです。インフルエンザは感染症であるため、その流行が確認されていない限りは基本的には安心していることができます。そのため、流行のシーズン前から十分な情報発信が行われるようになっています。その代表的な形を作り上げているのが横浜市なのです。